« ☆ Un volontaire ☆ | トップページ | ○ Un volontaire Ⅱ ○ »

○ Conversation en écrivant ○

J0430700筆談ペットセレモニー」・・・行いました・・・。

飼い主様は、聴覚障害のあるご家族でした・・・。

普段、無意識に言葉で説明をしていることが、

すべてを文字で表現することの難しさを痛感しました。

飼い主様の用意されたホワイトボード(A3サイズ程)に、

短く・最適な文言を考え、表現して行くのです・・・。

セレモニーの当初、

・・・の飼い主様みなさまのお顔が、

終了するときには・・・全員「笑顔」に変わっていました・・・。

できる限り飼い主様のご意向に副ったセレモニー

していただきたかったので、説明時間が長くなり、

通常の1.5倍の所要時間がかかっていました。

J0427758セレモニー終了後、ご家族全員が微かな微かな声で

「ありがとう!」と言って、握手を求めてきてくれました・・・。

みんなと握手して、お別れしました・・・

思わず、ちょっと力が入って

握手をしてしまったような気が・・・します・・・。

Copyright 2011 PET PaPa. All rights reserved.This material may not be published, broadcast, rewritten, or redistributed.

|
|

« ☆ Un volontaire ☆ | トップページ | ○ Un volontaire Ⅱ ○ »

ペット葬儀」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。